カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

2018.4月メルマガ

メルマガ会員様 こんにちは。
桜も散り始めまた4月。

ひとつの節目の季節ですね。
お酒造りもほぼ終えられました。
蔵人たちも一息といったところでしょうか。

-----------------------------------------

手前みそのお話で申し訳ないのですが、

ある意味、安上りで贅沢な旅です。
「日本一長い(距離、所要時間)ローカルバス」

の取材で朝日新聞社の新聞記者の方が、
当店飲食にお出でいただき、一夜を楽しんでいたたきました。


-------------------------------------------


本来は、予定していなかったのですが、
急遽、当店飲食“くいしんぼう”を
「日本一長い(距離、所要時間)ローカルバス」の記事にも
織り込んで紹介していただけるということでご連絡を
いただきました。


その経緯は、朝日新聞社の新聞記者の方も全国各地をまわり
日本酒党であることから、各地の夜を楽しんでいるみたいで
いろいろなお店、いろいろな日本酒と出会って楽しんで
いられる方です。

そんな方に
“変な店”“これまでとは違う感動がある店”として、
今回に至りました。

果たしてどんな風に、どれだけのスペースでご紹介いただいているのは、
まったく存じ上げていないので、私も楽しみにしております。

4/7朝刊 朝日新聞 全国版 土曜日別刷り

コンビニ等でお買い求めください。


---------------------------------------------


今回も、特に飲食店さんや宿泊施設のみなさんにお伝えしたいのは、

仮に全国的な希少銘柄や有名銘柄が揃っているいうことだけでは、
今回に至っていなかったかもしれません。

多分、銘柄をご評価いただいたのではなく、

“お店のおもしろさ、切り口、提供方法”(私の個性?)などが
これまでにない記事性のものとして存在していたからだと思います。

前回も、申し上げて重複とはなりますが、
“ノウハウや楽しみ方”をお店に取り入れていくことで、
銘柄を変えることなく“もっとお客様を笑顔”にしてあげて、
他店との差別化、個性化をはかることも可能ではないでしょうか。

昨日も、とある飲食店様からも具体的なご依頼をいただきましたし、
本日も5月に都内で飲食をはじめられるという調理人の方も
3時間もお時間をかけ、また電車代もつかっていただき
おいでいただきました。

もちろん、お酒の銘柄のお話は、なにひとつお話もしませんでしたし、
相手のお客様も銘柄のことは、なにひくつ聞くわけではございませんでした。
では何を目的でお出でいただいたのでしょうか?

けれど、1時間はしっかりとお話と試飲をし、ある意味小さいながらも“確信”と
“これから開店されるイメージ作り”の材料、切欠のひとつとなったものと
思います。

最後にいただいた言葉は、
開店したら今度は8時間かけ、4万円余りの旅費を使って
店を休業しスタッフとお出でいただくとのことでした。

結局、最後まで銘柄名は出ませんでした。


---------------------------------------------

和歌山・最大手 中野BC 進化の第二弾

世界一統で南方を全国区にのし上げた武田杜氏を迎えて醸された
大吟醸無濾過生原酒「超久」が発売となります。
先行予約受付いたします。

濃厚・重圧・けれどくどさは感じない素材を味わう超久にふさわしい大吟醸

《予約特典》
送料当店500円(税込)を負担いたします。(数量限定)
その他の商品も同時ご注文いただけます。
この機会をお見逃しなく・・・・



---------------------------------------------

ページトップへ