限定 濃厚でありながらも爽やかさのある長野地酒 川中島 幻舞吟醸無濾過生原酒斗壜囲い1800ml

価格: ¥3,091 (税込 ¥3,400)
お一人様幻舞いずれか1本です。:
保有ポイントは300ポイント(累計500ポイント)以上ですか:
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter


幻舞シリーズご注文の場合については、720ml、1800ml問わずいずれか1本のご注文とさせていただきます。

【おことわり】
幻舞シリーズについて、只今蔵元より割り当て状態が継続して続いております。つきましては、これまで長年、酒千蔵野、川中島、幻舞を育てていただきましたお客様、また常々当店でいろいろなお酒をお買い上げいただいているお客様から、特に「幻舞シリーズについて購入できない」というお声をいただいております。心苦しくはございますが、2019年10月1日受注分より会員様に当店と寄与させていただいている現在の保有ポイントが300ポイントを超えられているお客様、もしくはこれまでの保有ポイントの累計合計が500ポイントを超えられているお客様に限りのご販売となります。ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


“川中島・幻舞”の創業1540年。長野県で
一番古い蔵元であり、日本国内で7番目に古い酒蔵として認められています。
それでは全業種で、なんと
22番目に古い企業

千野麻里子杜氏
また“川中島”といえば武田信玄公と上杉謙信公との“川中島の戦い”があまりにも有名。
その“川中島の戦い”の時、
武田信玄公がこの蔵のにごり酒を飲んだとされています。
そう、そんなに古く歴史もある蔵元です。何代も受け継がれ現在は、蔵の一人娘である千野麻里子さんが杜氏として頑張っています。

代々築き上げてきた「桂正宗」。
普段あまりお酒をお召しにならない方も楽しんでいただける若い層や女性層の方に向けたフルーティな「幻舞」。

ひとつ上のランクのお酒
リーズナブルな価格でお客様に提供していきたいという思いが一杯注ぎ込められた「幻舞」は、まさしくその通りの期待を裏切らないお酒です。

吟醸造りの技術は素晴らしいものがあり全国の杜氏の中でもトップクラスといわれている千野麻里子杜氏が醸しだすとこんな素敵なお酒になりますと言っても過言でないお酒と感じさせてくれる吟醸無濾過生原酒で、下記の写真のように、
一度搾られたお酒を斗瓶(1.8L10本)に入れ、白濁したお酒を時間と手間のかけ、静かに冷蔵庫にて滓が沈むのを待ち、上澄み部分の透明なところだけを吸い取り瓶詰めしたお酒です

これで1800ml3000円という価格は、信じられない価格と多くのお客様の声を頂いています。よって当店においても、年々、幻舞ファンが多くなっていくのもわかる気がします。

酒質は、斗瓶取りらしく“
美山錦”らしい優しく芯のある厚みのある米の旨みを存分に味わって頂けます。また、吟醸らしく“喉越しもよく切れも“穏やかに綺麗に切れていく”お酒です。

また、通常、開栓とともに時間が経つにつれ、風味や味わいが落てしまいがちなお酒の中で、多くの方が実体験されているように時間が経つにつれ“
ますます美味しさが増す”といったように、最後のひと雫まで美味しく召しあがって頂けるお酒です。

季節によっては、飲み頃適熟域に入っている幻舞吟醸無濾過生原酒斗瓶取りもございますので、併売されている時は、新酒と熟成酒を合わせてご注文頂き、是非、飲みくらべて頂き、それぞれの良さがあること、お酒は生き物だということをお確かめ下さい。


限定品のため、お早い目のご注文を・・・・。

体に思いやりはいかが



プライベートブランドで
地域を元気に
業界を元気に、
あなたも元気に


地酒みゆきやFB
日々の感動と最新情報




商品カテゴリ

蔵から選ぶ

味わいで選ぶ

ご登録ください

店長日記

毎度おおきに!店長の的場です。
和歌山の『食』というたらミカン・梅・桃・柿・山椒・マグロ・クジラ・カツオ・・多分、皆さんにとっては『日本酒』って言って頂ける方、ほとんどいないのでは・・和歌山にも、全国に誇れる古来から伝わる自慢の地酒があります。まあ、一度お試し下さい。そして、お酒以外にも、マグロ生ハム・真鯛の生ハムや紀南の隠れた特産品もご紹介しています。

越乃寒梅~隠れ地酒まで全国の地酒・普段着で楽しめる焼酎も扱っています。
店長日記はこちら >>

休店日のご案内
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時定休日

営業時間 朝10時より夜6時まで(入店17:30まで)
定休日 毎週木曜日
(但、祭日・連休・お盆等は営業)

和歌山の特産品



みゆきや直営居酒屋

日々厨房に立つからこそ
見える、気づくことがある。


龍神丸について

和歌山地酒

全国の地酒

焼酎について

メルマガ

その他

日本酒

ページトップへ