カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

【量り売りあり】ついに現れたし!カリスマ杜氏が造るカリスマ酒(日本酒の酸を表現したくてシリーズ)  長野 笑亀酒造 貴魂(きこん) 1800ml、720ml


ついに現れたし!カリスマ杜氏が造るカリスマ酒
(日本酒の酸を表現したくてシリーズ) 
               長野 笑亀酒造 貴魂(きこん)

長野県諏訪大社、諏訪湖の近隣の塩尻市に明治16年(西暦1883)から続く小さな酒蔵があります。

現在では、酒米を農家と一緒に育てお客様に安心して召し上がっていただくために自らも減農薬での酒米作りへの取組みなども行っています。


長野県の蔵元で10年間杜氏を務めた森川氏(昭和51年生まれ)。
自らの故郷にある笑亀酒造とご縁があり笑亀酒造の杜氏として就任。

蔵は本当に小さな蔵元であり、手作りにこだわり、仕込みから製品づくりまでの大半を杜氏ひとりでまかなっている極小生産の蔵元。

さらに森川杜氏がこれまでの酒造りの中で、ひそかにあたためていた「これまでにない酒造り」に挑戦したお酒が
「日本酒の酸を表現したくてシリーズ貴魂(きこん)」となります。

また業界では、カリスマといわれるだけあって、多くの杜氏たちがセオリー通りの造りを目指す酒づくだけではなく、自らの哲学、体験によって感じたままに、おもむくままにつくりあげる銘柄も少なくはありません。
(モロミ発酵中に櫂入れをせず、酵母の働きに任せた自然のままの酒造り、他)

------------------------------------------------------------------

すでに私たちは、ある意味蔵元や杜氏がおもうところの完成されたお酒を楽しんでいることがほとんどです。

あえてオリジナリティーといえば、自らの手元に届いてから「熟成をさせる」「ペアリング、マリアージを極める」「飲み方のスタイル、楽しみ方のアプローチを楽しむ」・・・・でしょうか。


このお酒は「あなたが表現できる」これまでにないタイプのお酒なのです。(飲食店様においては、オリジナルのお酒をつくれるキットとしての活用性もございます。)

【なんていうお酒に出会ってしまったのだろう】

という期待と不安がよぎる、ある意味覚悟を求められるお酒であった。こんな気持ちになってしまったのは初めてのこと。

けれど、このお酒をつくられた杜氏も、この造りを許可した蔵元も、きっとなんらかの期待と不安がよぎるある覚悟を求められたのではないだろうかと想いがよぎる。このお酒には、蔵元と杜氏のメッセージが込められている。

------------------------------------------------------------------

みなさんにとっては、このお酒・・・どうアプローチをどう施したらよいのかが定まらないというかもしれませんね。

「ここまでの材料が存在しているのだから、これまでと同様に1本ずつ楽しむ飲み方だけではもったいない!!」

1、それぞれ味わう。
2、それぞれの飲用温度を変えてみる。
3、それぞれのペアリング、マリアージュを探してみる。
4、それぞれを熟成させてみる。
5、飲むスタイルを変えてみる。

それぞれのお酒の個性を知り、その活用性を探るはある意味当然の流れではあるてしょう。それに加えて、

6、各4酒をブレンドしてみるが加わる。
7、その配合比率をいろいろと変えてみる。

さらに
6もしくは7に、1-5を施してみる。・・・・考えるだけで夜空の星を数えるようなものと感じてしまう。


けれど考えたら考えるほど答えを求めるためには、天文学的なアプローチが存在していると感じるからです。

このお酒にご興味をもったお客様の為に、まずは自らの基準点を探ってみました。いろいろと試しているうちに、いろいろな発見も生まれて結構楽しいものでした。その基準点をもとにいろいろなアプローチを楽しんでみたください。

お届け時の取扱説明書に記載しております。

------------------------------------------------------------------

【あなたがつくりだすオリジナリティーな日本酒やってみませんか】

これらのお酒を、すでに完成されたものとして捉えることなく、4色の絵の具をつかってあなたが思い描く絵を描いていく・・・、今あなたの手元にあるお酒に、この貴魂をブレンドして、あなたのオリジナリティーな日本酒を創り出す・・・そんなオリジナリティーな日本酒を創り出すことができる可能性をもつ奥深いお酒たちです。

さらに
特定の料理や肴に合わしてオリジナリティーな日本酒を創り出すなんということも、深すぎるけれどおもしろそうでもある。

複雑だからこそ「ある意味、夢を与えてくれる日本酒」ともいえるのではないでしょうか。

あなたも日本酒のブレンダー、バーテンダーになった気持ちで楽しんでみてはいかがでしょうか。

味わいの整え方が見えてくると世界が広がるというものではなくなりそうですね。すごい力、能力が宿り、ある意味賞賛されるようなことにつながるでしょうね。
ある意味、研究者かも・・・・。。。


------------------------------------------------------------------

日本酒の酸を表現したくてシリーズ貴魂(きこん)シリーズには、塩尻市野村農場契約栽培米美山錦を精米59%精米し、4つのコンセプトをもつ4つのタイプのお酒が存在しています。

黄→クエン酸を生成する麹をつかったタイプ(白麹→焼酎によくもちいる麹)。
しっかりとした旨味がありながらも、酸切れの良さは抜群である。脂もすこぶる融解しスッキリ。熟成させると旨味も前面に現れるでしょう。冷やすとよりクエン酸が際立ち、また温めることによってまろやかさを演出。

白→生もとの乳酸菌による乳酸を楽しむタイプ。
旨味と生もと造りから生成される乳酸らしく、また乳酸を吐出させることを目的としたお酒らしく、パンチの利いた酸のキレのよさを感じていただけます。ほんのり冷してからぬる燗程度ではまろやかさを演出。しかし冷やしすぎ、40度を超えるあたりから、やや渋みを伴うキレを生んだりすることも。

赤→リンゴ酸の爽やかさを楽しむタイプ。
しっかりとした旨味の中に名のごとくフルーツを感じさせる親しみよい爽やかな酸味。冷やすとスッキリとした爽やかな酸が際立つ。

黒→コハク酸の厚みのある味わいを楽しむタイプ。
しっかりとした旨味の中に、親しみある味わいとして感じていただける酸味。これがコハク酸として感じていただけるはずです。燗上がりなどで感じる味覚だと感じていただけるはずです。

白、赤、黒については、いろいろなタイプのお酒を口にしている方なら「この味わい・・うんうん、味わったことあるある!」「その味わいとは×××酸の味わいだったんだ」と気づかれるはずです。


日本酒の味わいを構成している主要な成分は、コハク酸、リンゴ酸、乳酸、クエン酸、酢酸などです。日本酒の味わいは、それらの有機酸の微妙な構成比によって味わいの骨格が生まれたりしています。さらにそこに仕込み水やその他の諸条件が加わり、その蔵独自の味わい、その銘柄独自の味わいが生み出されています。

------------------------------------------------------------------

ご購入については、いずれか1本というより4本のまとめ買いをおすすめいたします。また各貴魂の量り売り(180ml)等もございますのでご活用ください。またどのように購入したらよいか迷われる場合については、お問い合わせください。

             電話 0735-23-1006 担当 的場

(この件についてのご返事は、しっかりとお伝えしたいこと、ご確認したいこと、誤解などを招きやすいためお電話対応とさせていただきます。ご了承ください。)

【量り売りあり】ついに現れたし!カリスマ杜氏が造るカリスマ酒(日本酒の酸を表現したくてシリーズ)  長野 笑亀酒造 貴魂(きこん) 1800ml、720ml

価格:

426円 (税込 460円) 3,185円 (税込 3,440円)

[ポイント還元 4ポイント~]
ご選択ください。:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ