カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

【数量限定】スポットライトがあたるお酒になること間違えなし!浪花正宗 さか松純米大吟醸山田50原酒(生原酒)1800ml

一軍初打席に監督に「満塁ホームランを打て!」と言われ、それを叶えてしまった杜氏一年生の脅威の初打席満塁ホームランのような平成20年度全国新酒鑑評会出品酒金賞受賞から4期目の純米大吟醸です。

24歳の時から同蔵で酒造りに従事し、名人と呼ばれた南部杜氏佐藤勝郎氏のあとを引き継ぎ14年目で杜氏に就任。
就任と共に蔵元からの課題を早々に叩きつけられた成子嘉一杜氏
その心境は、ままならぬものだったと話す。

杜氏一年目ということで、蔵の行方を占う酒造り。
「杜氏が変われば、酒の味は変わる。どんな酒を造っても前杜氏には、とても及ばない」と言われるだろう、けれど精一杯やるだけと覚悟を決めるだけでも大変なことであるにもかかわらず、蔵元から「全国新酒鑑評会において金賞を獲ってくれ!」といわれ成子嘉一杜氏は更なる挑戦いたしました。

大阪には工業技術センターなどの酒造りを指導する機関がない都道府県のひとつ。
造りに関しての情報収集に尽力し、新種の酵母の扱い方など、あちこちの研修会に参加し勉強に力を入れた。

毎日悩んでいる暇などなく、追われるようにひとつひとつ確実に作業をこなしていく日々。
その中でも出品酒に対しては「すべてをやり尽くしました。気力・体力・頭をフル回転させ、良いと思うことはすべてやりました。持てる力をすべて注ぎ込んだ。」とのこと。

そして、努力は真に実ったのです。
「金賞受賞と聞いたとき喜びがこみ上げ、苦労が実ったことは大変うれしく思うよりも、蔵元との約束を果たせたという安心感が湧いたという。しかし、出品酒に対しての苦労、作業の辛さが甦って、まもなく始まる酒造りに、またこの苦しみを味わうのか、という複雑な気分になりました」と成子嘉一杜氏は本音をポロリ。(彼らしいところが見え微笑みさえ感じた。)

20年度は他にも実績として、成子嘉一杜氏は、大阪酒造組合品評会、大阪国税局鑑評会、南部杜氏鑑評会においても、すべての鑑評会にて金賞を受賞しています。
結果を残した今、巷では「天才杜氏」とも呼ばれるまでになりました。

成子嘉一杜氏とお付き合いさせて頂いて7年。
「なにかやるなぁ!」と思いながらも、まさかこんな快挙を打ち立ててしまうとは・・・・。

こうやって見守った蔵元が、杜氏が彗星のように大きな評価を得られる醍醐味は、
名前や響きに左右されず、自らの味覚と感性と人柄や取組む姿勢を信じていた賜物であり、大変光栄なことがまたひとつみゆきやのページに刻まれました。
成子嘉一杜氏ご苦労様でしたと言いたい。

時間が過ぎ2012年度の醸造で4期目となります。
一軍入り初打席満塁ホームランから毎年全国新酒鑑評会出品酒金賞を3期連続とり続けている。周りでは「金賞をとって当たり前」というくらいになってしまったことが余計にプレッシャーだと杜氏は話す。

それを目指すかのように久々に蔵を訪れてみると以前と比べ高品質なお酒造りに適した設備などもたくさん加えられていました。

確かに4期目も多分金賞受賞は確実ではなかろうかというお酒が出来上がっていました。出品酒そのもののお酒ではありませんが、同じ工程、思い、情熱で醸されたお酒です。また今期は数量限定で生原酒が入荷いたしました。どうぞ、コスパーに優れたさか松純米大吟醸山田50生原酒をご堪能下さい。



◆さか松純米大吟醸山田50生原酒

使用酒米は、山田錦。
新酒にもかかわらず、米の旨みがしっかりと感じられます。杜氏の思い描いたとおり
山田らしい味がしっかりあり、飲んでも口に残らないキレがあります。

貴賓のあるくどさのない香り、そして口に含んだときに口の中いっぱいに波紋を感じるお酒のコク、きっとワクワクさせてくれるはずです。

当然、この価格でこの品質を味わって頂けることに蔵元さんに感謝したい一酒です。蔵元曰く「採算ベース無視の宣伝広告酒みたいなものです」と・・・・・まさしくその通りでしょう。


最後になりましたが、
この蔵元のことをご存じない方のために、先の
洞爺湖サミットの際、世界のVIPをおもてなしをする日本酒として政府の依頼を受け浪花正宗 究極の技が提供された蔵元でもあります。

【数量限定】スポットライトがあたるお酒になること間違えなし!浪花正宗 さか松純米大吟醸山田50原酒(生原酒)1800ml

価格:

3,143円 (税込 3,394円) 3,600円 (税込 3,888円)

[ポイント還元 33ポイント〜]
ご選択ください。:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

ページトップへ