カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

【まだ知らぬ日本酒の世界】真っ先に浮かんだのが“かあちゃんの夕ご飯”かなぁ。滋賀 瀬古酒造 忍者特別純米1800ml


【まだ知らぬ日本酒の世界】
        真っ先に浮かんだのが“かあちゃんの夕ご飯”かなぁ。
              滋賀 瀬古酒造 忍者特別純米

全国には1300といわれている蔵元があり、その蔵元には数多くのラインナップがあり、その中にはビンテージがあったり、保管環境が違っていたりする。そう考えると「一週間に1銘柄を口にしたとしても、人生をかけてもすべて網羅することはできない」答となる。

多くのみなさんがあまり出会うことのないであろうお酒をご紹介していくのも酒屋のお仕事ではないでしょうか。(飲食店さんの中にも、しっかりとこのアプローチで楽しさを取り入れているお店もありますよね。)

当店直営の飲食店においでの多くのお客様の声として「ながーい時間をかけて熊野の地で、熊野の空気を感じながら、熊野の海の幸、川の幸、山の幸を熊野の人と会話を交えながら、熊野にまつわるお酒を味わい、熊野での時を楽しむ。思い出をつくる」・・・これってとても贅沢なデキゴトだよね。

ということで今回ご案内のお酒は、
滋賀県甲賀市甲賀町という忍者のふるさとのお酒となります。

吟吹雪を雑味をなくす60%精米した割りには、原酒らしいしっかりとした旨味が存在しています。穏やかながらも含み香の中にポツンとリンゴ系の香りが感じられ、中盤より数字より押しの強い酸があらわれ、余韻には旨味と酸がスローな終焉と向かっていきます。

お酒(モノ)だけを口にして「さぁ!何食べようか?」(デキゴトをつくる→食文化に絡ませる。)

真っ先に浮かんだのが“かあちゃんの夕ご飯”かなぁ。
素朴の中に“愛情いっぱいの最高級料理”いわいる“あなたのふるさとのおかあちゃんがつくってくれた田舎料理”なら幅広くあいます。ふるさとを想いだながらお楽しみください。(文化をとり入れることによって生まれたデキゴト。)

冷して(冷ご飯)より、常温、人肌、ぬる燗・・・ちょっと加水した燗酒もいいかなぁ。


酒米滋賀県産 吟吹雪 精米歩合60% 度数16℃以上17℃未満 日本酒度+3 酸度1.8

【まだ知らぬ日本酒の世界】真っ先に浮かんだのが“かあちゃんの夕ご飯”かなぁ。滋賀 瀬古酒造 忍者特別純米1800ml

価格:

436円 (税込 480円) 2,800円 (税込 3,080円)

[ポイント還元 4ポイント~]
ご選択ください。:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ