雪国の気候を利用してじっくりと醸す

両関酒造(秋田)

秋田県南部・湯沢市に構えた蔵は、秋田県で最初に国の登録有形文化財に指定されたといいます。独自の「低温長期醸造法」により、雪国らしく冬の気候を利用して、ゆっくり静かに発酵させることできめ細やかな酒質を育んでいます。なで肩のやさしい女性的な酒質でビギナーにもおすすめしやすいお酒も多く、食用米で本格的なお酒を造るといった技術も備えています。

両関酒造(秋田)
表示切替: 並び順:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

ページトップへ