カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

高垣酒造蔵元最高の大吟醸 希少酒 和歌山 喜楽里袋吊り大吟醸無濾過生原酒1800ml


龍神丸蔵元高垣酒造 9代目高垣任世杜氏・・・2018新たなる旅立ちの酒

お酒を味わう・・・・どこで味わうのでしょうか。
もちろん舌(味蕾)。ん・・・・だけではないですよね。

視覚、聴覚、触覚、嗅覚、温度覚などだけでもなく、実は精神的な要素も「美味しさ」に影響します。人の各センサーやメンタル要素が複合されて「美味しいさは脳で生まれる」といってもよいかもしれませんね。

-----------------------------------------------------------------
龍神丸の生みの親 故高垣淳一杜氏が、創業170年の節目の年ようやくお酒造りも終わり少し余裕ができた2009年8月突然「淳一杜氏(47歳)が亡くなられた」というあの衝撃的な一本の悲報から早いもので丸9年がこようとしています。

当初は「これから高垣酒造はどうなるのだろう?」という不安が重くのしかかる中で、奥様であった任世さんがひとつの決断をされ蔵入りをし九代目杜氏を目指すことに。

その間、本当にいろいろな問題を乗り越えて今日を迎えています。
特に今年は、任世杜氏にとってはある意味新たな出発の年でもあります。一年生一学期から色々な方々に教えをいただき日本酒造りに挑戦して参りました。そして、色々な挑戦から生まれた“課題”と“自信”。9年間のその繰り返しの中で得られたものを任世杜氏なりに本格的に演出する2018年となりました。

2018年醸造(29BY)のお酒を、今一度、しっかり味わっていただってほしいと願うところです。


もちろん味わうときは、
味覚、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、温度覚だけではなく、
任世杜氏のこれまでの9年間の歩んできたストーリーも盃の中に落とし込んで口にしてくださいね。ほどよいスパイスとして美味しさを演出するはずです。

そして最後に、今回お飲みいただいたお酒を点で評価するだけではなく、これまでも、これからも、いくつもの点をつなげていただき今後もご愛好いただけるようお願いいたします。

《高垣酒造のお酒の美味しさ》

★素直な米の旨みをビギナーの方から通の方まで素直な形で感じていただけます。

★ラベルに表記の度数をみてイメージする味わいと実際に口にした時、度数を感じさせないやわらかな口当たりに驚きます。

《高垣酒造のお酒の味わい方》

★香りがするタイプ。酸を強く感じないタイプ。苦味、苦味、粗さを感じさせないタイプについては、お酒が主役として、まずは考えていただきお酒と肴などが喧嘩しないように楽しんでください。また飲用温度やグラスの形状、お酒を飲まれる酔いのタイミングをいろいろと変えてBESTのタイミング、場面を探ってください。

★まずは適熟域からお楽しみください。新酒の頃には、苦味、苦味、粗さを伴う味わいを感じることもあるので、じっくりと付き合ってみてください。


★純米系の多くは、食中酒としてお楽しみください。よって何かと食べ合わせたときに良さがわかるお酒。光るお酒としてお楽しみください。


《こんな失敗談をよく耳にします。》

1、とくに龍神丸について多いお客様の声(他のお酒にも通ずることが・・・)ですが、待ちに待った龍神丸ということで《いたたまれなくなり早飲み》をしてしまっている。そして、お客様の声としてよく聞くのが“香りがあまりない”“味が薄い”“口に含んだ時刺激感や苦味、渋味を感じる。”“あと口に刺激感や苦味、渋味を感じる。”→しっかりと熟成させましょう。

2、早飲みの時期(刺激感や苦味、渋味を感じる頃)に、刺激感や苦味、渋味を感じやすい飲用温度で飲んでいる。

3、早飲みの時期(刺激感や苦味、渋味を感じる頃)に、刺激感や苦味、渋味を助長してしまう傾向性の料理と共に飲んでいる。

4、早飲みの時期(刺激感や苦味、渋味を感じる頃)に、刺激感や苦味、渋味を助長してしまうグラスで飲んでいる。

5、せっかくのフルティーな香りを打ち消してしまう肴と共に楽しんでいる。

★龍神丸だけではなく、他の多くのお酒などにも通ずることですのでご配慮していただきお楽しみください。

《これ最悪!!》
早飲みの時期(刺激感や苦味、渋味を感じる頃)に、刺激感や苦味、渋味を助長してしまう飲用温度で、、刺激感や苦味、渋味を助長してしまう傾向性の料理と、、刺激感や苦味、渋味を助長してしまうグラスで飲んでいる。
↓↓↓↓↓

       お酒と共に同送しているパンフレットをご参照ください。

飲まれる時期に応じた美味しく楽しんでいただける環境は、お客様にゆだねられています。少しお酒に寄りそっていただき是非おいしくお楽しみください。(このお酒に関わる農家さん、蔵元、造り手、お届けさせていただいた酒屋のお願いとねがいでもあります。)

またお酒の種類によっては、醸造年度をお選びいただけますので飲みくらべをされてはいかがでしょうか。

-----------------------------------------------------------------

 喜楽里大吟醸無濾過生原酒袋吊り

蔵元最高峰のお酒となります。
喜楽里大吟醸は、毎年行われる全国新酒鑑評会向けに醸されるお酒であり蔵元としての“勝負酒”といわれるお酒となります。

全国新酒鑑評会酒は、お酒そのものが評価されるゆえに“食とのマッチング”などは審査においては加味されておりません。

また香りや味わいや後口の切れなども、あまりにも吐出しすぎると減点対象となるため、香りが高すぎるもダメ、芳醇な味わいはくどさを誘うものとしてマイナス評価、また後口の切れすぎ、余韻の残りすぎもマイナス評価となります。よって市場が求めている酒質と食い違うのは当然のこととしてお楽しみください。


高垣酒造においての全国新酒鑑評会向け大吟醸は、重力だけの力で袋吊りされ、ポタポタと雫のように滴り落ちるお酒を斗瓶取りし、さらに白濁しているお酒を時間をかけ滓を沈殿させ、透明になったところを手詰めした手間をかけた贅沢なお酒です。


このお酒をお楽しみいただくときは、
このお酒の美味しさや良さを探していただき、美味しさや良さを打ち消すようなことをしないでお楽しみください。反対に良さを引き立てる飲み方(BESTの飲み方)をしてあげてください。


とうしたらBESTなのかを知りたいということであれば、ご注文時に“飲み方パンフレット”を希望を選択してください。


高垣酒造蔵元最高の大吟醸 希少酒 和歌山 喜楽里袋吊り大吟醸無濾過生原酒1800ml

価格:

6,500円 (税込 7,150円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

関連商品

【冷も燗もそのままでもうまい 米の旨みを感じながらも飲み飽きない本格純米和歌山地酒】名手酒造 純米酒 黒牛 1800ml

2,450円(税込 2,695円)
購入数

【冷も燗もそのままでもうまい 米の旨みを感じながらも飲み飽きない本格純米和歌山地酒】名手酒造 純米酒 黒牛 720ml

1,143円(税込 1,257円)
購入数

【冷も燗もそのままでもうまい 米の旨みを感じながらも飲み飽きない本格純米和歌山地酒】名手酒造 純米酒 黒牛 300ml

429円(税込 472円)
購入数

【黒牛の本質をついたお酒】黒牛純米無濾過生原酒 720ml

1,286円(税込 1,415円)
購入数

ページトップへ