そういうことだったのか!!理系のあなたに贈る。いたって本気の「日本酒ブレンドセット(基本編)」

価格: ¥3,132 (税込 ¥3,445)
[ポイント還元 34ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter


そういうことだったのか!!理系のあなたに贈る。
          いたって本気の「日本酒ブレンドセット(基本編)」

みなさんもいろいろな日本酒を口にされて
 “もっとコクがあれば・・”
 “もっとキレが欲しい・・”
 “甘みが強すぎる・・”
 “もっとスッキリとさせたい・・”
 “もっとフルティーさがほしい・・”
なんて言われている光景があります。

あなたの手元のお酒を
   もっとあなたの美味しさに近づけようとしたなら・・・

“もっとコクがあれば・・”
→熟成させてみる。飲用温度を変える。グラスの形状を変える。料理を工夫する。

“もっとキレが欲しい・・”
→熟成させて苦渋感を醸し出す。飲用温度を変える。グラスの形状を変える。料理を工夫する。

“甘みが強すぎる・・”
→凍らして解凍し若さを醸し出す。飲用温度を変える。グラスの形状を変える。料理を工夫する。

“もっとスッキリとさせたい・・”
→加水してみる。飲用温度を変える。グラスの形状を変える。料理を工夫する。

“もっとフルティーさがほしい・・”
→??????????????????????????


“もっとコクがあれば・・”“もっとキレが欲しい・・”“甘みが強すぎる・・”“もっとスッキリとさせたい・・”“もっとフルーツのような味わいがほしい・・”

これらのあなたの声に上記以外の方法で≪簡単≫に醸すことができます。
それが貴魂シリーズなのです。

研究者のように、想像をし仮説を立てて試してみましょう。



あなたの手元にあるお酒と貴魂をブレンドすることによって、それが可能となります。ブレンドの楽しさ、おもしろさを初めての方にもわかりやすくお伝えできるお試しセットです。

日本酒においても、いかにブレンドが大切なのかを体感・体験をしていただけます。“ブレンドの日本酒なんて・・・”とマイナスイメージをお持ちのあなたに、ブレンドも安定した味わいを醸し出すには大切な後処理のひとつだということを知っていただけます。

きっと理系のあなたなら「へぇー!そういうことなのか」とこれまでにないコンセプトの貴魂シリーズのブレンドの活用性、このお酒を造られた蔵元、杜氏のアプローチに驚くはずです。

多くの方に貴魂のおもしろさ、奥深さ、こんなお酒をつくってくれた蔵元、杜氏に感謝をしていただくことになるであろう組合せのセットをつくってみました。是非、お楽しみください。

≪セット内容≫
 さか松純米吟醸「夏酒」720ml+量り売り180ml貴魂×4酒


まずは、
さか松をベースにしてコハク酸を足してると・・・。
さか松をベースにして乳酸を足してると・・・。
さか松をベースにしてリンゴ酸を足してると・・・。
さか松をベースにしてクエン酸を足してると・・・。

こうなるということは、複数を足すとこうなるかも・・・と想像してお試しください。

上記のお酒を使ってあなたの日本酒の世界観が広がったとしたら、本格的に貴魂×4酒を買って本格的に楽しんでください。(真剣に遊んでください。)

飲食店さんにおいては、こんな風にお客様にご提案しているお店はほとんどいないと思いますのでお店のパフォーマンスとしてもご活用ください。

基本の取扱説明書をお付けしますので、まずはそれを基準点としていただき、あとは色々と遊んでみてください。すごい発見をしていただけるはずです。

体に思いやりはいかが



プライベートブランドで
地域を元気に
業界を元気に、
あなたも元気に


地酒みゆきやFB
日々の感動と最新情報




商品カテゴリ

蔵から選ぶ

味わいで選ぶ

ご登録ください

店長日記

毎度おおきに!店長の的場です。
和歌山の『食』というたらミカン・梅・桃・柿・山椒・マグロ・クジラ・カツオ・・多分、皆さんにとっては『日本酒』って言って頂ける方、ほとんどいないのでは・・和歌山にも、全国に誇れる古来から伝わる自慢の地酒があります。まあ、一度お試し下さい。そして、お酒以外にも、マグロ生ハム・真鯛の生ハムや紀南の隠れた特産品もご紹介しています。

越乃寒梅~隠れ地酒まで全国の地酒・普段着で楽しめる焼酎も扱っています。
店長日記はこちら >>

休店日のご案内
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時定休日

営業時間 朝10時より夜6時まで(入店17:30まで)
定休日 毎週木曜日
(但、祭日・連休・お盆等は営業)

和歌山の特産品



みゆきや直営居酒屋

日々厨房に立つからこそ
見える、気づくことがある。


龍神丸について

和歌山地酒

全国の地酒

焼酎について

メルマガ

その他

日本酒

ページトップへ