店長日記

「お酒だけではなく色々な味覚の幅を養う」について少し・・・・


酒屋やっていたら色々な志向のお客様が見えられます。
そんな中で、嘘をいって一度は売れたとしても
「二度とお買い求め頂けない」ことがあるじゃないですか。

やっぱり、そのニーズに答えていくには、そのお客様の嗜好を
心から理解することから始まるわけです。

けれど、その前に「お客様が望んでいる嗜好」=「どこが気に入っているのか」
「どこが好きなのか」を私自身が心から理解できることでしょうね。

その為に私は、まず心というか姿勢を変えました。

比較的全般に日本酒の評価というものは、「否定的な言葉が多い」
それとちがってワインの評価というものは、同じ事柄であっても「肯定的な言葉が多い」。

そこで、皆さんにお伝えしたいのは「肯定的な形でお酒を飲むと今まで理解に
苦しんでいた味覚が意外にもすんなり」と理解できたりしますよ。
そう「粗探しではなくて、良さを見つけよう」という姿勢で・・・・

そして、そういう風な飲み方を続けていると味覚の幅が自然とでき、
色々なお酒が楽しめるようになってきて、ますますアルコールライフが
楽しくなりますよ。

「銘柄や響きで選ぶだけではなくて、今の自分に合った美味しさの発見、
そしてやがては嫌いだったものも好きになることでしょう」

日本酒だけじゃなくすべてのアルコール飲料・料理・・・にも対して・・・・
そして、私は人の見方まで変わり、よく多くのステキな方や
皆さんという人脈までできちゃいました。

ページトップへ