全国の地酒

ワンランク上の感動と笑顔


ワンランク上の感動と笑顔

当店直営の居酒屋では、おまかせ飲みくらべ3酒セットを楽しまれる方が大変多くいます。

あなたなら、3酒ともに美味しいお酒を選ばれますか?
それとも、新しい発見を織り込んでいるはずれも含まれている飲みくらべ3酒を選ばれますか?

その際、お客様の嗜好性を探るために情報をいくつかをお聞きして、そのお客様の嗜好性の方向性を見極めます。そして飲みくらべ3酒ですので、色々な美味しいを知っていただき笑顔になっていただこうと思うところですが
1、必ず好きなタイプのお酒を 
2、インパクトはないけれど無難なお酒を 
3、きっと嫌いだろうなあ、これまで出逢ったことないだろう
という個性を感じるタイプのお酒をずらした形でお出しいたします。

もちろんお出しするにあたり、ひと通りはお酒についての説明はいたし、さらに途中で「どうだったか?」お聞きします。

その中で、一番大切にしているのは、
『まずく感じたお酒」「これ嫌いと思うお酒」がどれだったかをお聞きし「どんなところが具体的に嫌いなのか」をお客様の言葉としてお聞きします。

《ここがポイントです!!!!》

とりあえず美味しいは流します。それよりもっと喜んでほしいので・・・・。

《一例》
お客様「このお酒は、酸味が強くて嫌いなタイプかなぁ。」
的 場「わかりました。」

そして《酸味のあるお酒を好きになっていただけたり、まんざらではないかも》という切欠づくりに力を注ぎます。

的 場「一度、××のこの肴と合わしてみてくだい。きっと、新しい発見が生まれるはずですよ。」

お客様食べ合わせをしてみる。

お客様「あれ?さっきと全然違う!酸味が気にならなくなった以上に甘味をしっかり感じられるようになった。」
的 場「そうですね。全く変わりましたよね!」

的 場「これは、ひとつの方法であって他にも!××をしていただくことで酸味が気にならなくなることもありますよ。」
的 場「試してみますか?」

お客様「はい」
お客様「本当だ!これもさっきと全然違う!酸味が気にならなくなった以上に甘味をしっかり感じられるようになった。これなら飲めるよ。」


的 場「不思議じゃないですよ。ごく自然なことでありお客様のこれまでの食生活の中の××を経験されたことと同じですよ。」
お客様「確かにそうだね!けれどことお酒ということになってしまえば、中々これまでの経験とお酒が結びつかないんだよね!」

★心に残る。心を揺さぶるおまかせ飲みくらべ3酒セット★

よりお客様の心に刻む出来事であるように。
それも一番嫌いだったお酒が好きになれば、お客様にとっても心に残る思い出となりえます。本来なら、どれもこれも美味しいといっていただく3酒を選ぼうとするでしょう。けれど、それでは心に残る感動や声をあげていただくことはできないでしょう。

いつも最後締めくくる言葉は、
もし嫌いな味わいのお酒と出会ったとしても、何か工夫をすればあなたが美味しいと感じていただく着地地点は存在しますから・・・。

今回は、お客様にわざと嫌いな味わいのお酒を口にしていただきました。
仮に美味しいだけの飲みくらべ3酒であれば、きっとこんな感動は生まれていなかったでしょうね。


そして、今回嫌いなお酒が嫌いではなくなりましたよね。
もし仮に美味しいお酒ばかりだと「これまで同様に嫌いなタイプのお酒は嫌いで口にしないかもしれないし、なによりも今回は体感ひとつでしたが新しい発見にもつながりましたし、個性的なお酒と出会ったとしてもどこかに落としどころがあるのではないかと思ってもいただけるようにもなる切欠にもなりましたよね。」

「そのことは今後のお客様のアルコールライフの裾野が広がることにもつながります。」「そして、お客様もそうですが、提供者の私も、また造り手の蔵人たちも喜んでいるはずです。」


そして、これまで美味しいお酒は、goodでもなく、betterでもなく、bestの味わいに出会っていただける機会にも結びついて行くはずです。


《こんなパフォーマンスも・・・》
  バニラアイスを日本酒で楽しむデザート
  パインナップルを日本酒で楽しむデザート
  トマトパスタを日本酒で楽しむマリアージュ
  クリームコロッケをにごり酒燗で楽しむマリアージュ
  酸っぱい日本酒が今日から大好きになる
  安い焼酎が高級焼酎に生まれ変わる
  40年たった日本酒が美味しいと感じるマリアージュ
  豆腐ようをお湯割り焼酎で美味しく楽しむマリアージュ
  なれ寿司を燗と冷の味わい違いを楽しむ飲みくらべ(要予約)
  芋焼酎と間違える麦焼酎飲みくらべ
  焼酎でお造りを楽しむときの醤油違いの飲みくらべ
  赤霧島のビンテージ違いで楽しむ飲みくらべ
  瓶ビールが生ビールよりも美味しくなる
  グラスによってビールの味が変わる
  グラスによって日本酒の味が変わる
  飲用温度で日本酒の味が変わる
  食べ合わせの違いで日本酒の味が変わる
  鍋がより一層美味しくなる方法

体に思いやりはいかが



プライベートブランドで
地域を元気に
業界を元気に、
あなたも元気に


地酒みゆきやFB
日々の感動と最新情報




商品カテゴリ

蔵から選ぶ

味わいで選ぶ

ご登録ください

店長日記

毎度おおきに!店長の的場です。
和歌山の『食』というたらミカン・梅・桃・柿・山椒・マグロ・クジラ・カツオ・・多分、皆さんにとっては『日本酒』って言って頂ける方、ほとんどいないのでは・・和歌山にも、全国に誇れる古来から伝わる自慢の地酒があります。まあ、一度お試し下さい。そして、お酒以外にも、マグロ生ハム・真鯛の生ハムや紀南の隠れた特産品もご紹介しています。

越乃寒梅~隠れ地酒まで全国の地酒・普段着で楽しめる焼酎も扱っています。
店長日記はこちら >>

休店日のご案内
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時定休日

営業時間 朝10時より夜6時まで(入店17:30まで)
定休日 毎週木曜日
(但、祭日・連休・お盆等は営業)

和歌山の特産品



みゆきや直営居酒屋

日々厨房に立つからこそ
見える、気づくことがある。


龍神丸について

和歌山地酒

全国の地酒

焼酎について

メルマガ

日本酒

その他

熊野感幸(心で巡る熊野)

ページトップへ