メルマガ

そろそろお酒の楽しみ方を変えてみませんか

時代もお酒も進化しています。
あなたのお酒の楽しみ方・・もしかしてそのまま?

今のままの銘柄でも、お金をかけずにあなたのアルコールライフをもっと美味しく、もっと楽しく、もっと豊かに・・・できます!!!
“銘柄”なんて関係ありません。   鬼ころしだって、ワンカップだって・・・・・・

その答えは、
これまであなたが経験、体感してきたことの外側に答えがあります!!
まずは、頭の中のイメージや経験、体感を一旦リセットしてください!!
そして今一度組み立てなおしをしてみてください。

それらを体感、体験されたお客様からの声の一例&
≪自己診断チェック≫
1、こんなに食べ合わせでお酒の味わいが違ってくるのか。
2、口にする飲用温度でこんなに味わいが変わるのか。
3、口にするグラスでこんなに味わいが変わるのか。
4、同じお酒でも飲む時期や開栓からの時間によって味わいがこれほどまでに美味しくなるかを知らなかった。
5、どうしてもこれまで自分の経験値が正しいと思ってしまうことが邪魔をしていたことに気づいた。
6、これまで口にしてきたお酒を本当の意味で楽しめていなかったのかも。
7、まずい、おいしくないと誤解していたかも。
8、正しく評価してあげられずに蔵元や造り手の方に申し訳なく思う。
9、もったいない飲み方していたなぁ。
10、まずい、おいしくないと決めつけていたお酒が、こんなにおいしく口にできるなんて想像もしていなかった。
11、ストーリーを知って口にするとお酒がおいしくなった。

さてみなさん、
いくつ体感、体験をし確信をえていることががございましたか?

せっかく買ったにもかかわらず、
一番もったいないことをしているのはあなたです!!

もしかして、いつも口にしているお酒だとしても、そのお酒に対してまだ施していないブローチがあったとしたら、出会っていない魅力が残されているかもしれませんよ。それって、とても、もったいないと思いませんか?

地酒みゆきやが買っていただきたいのは、
お酒そのものだけではなく、そこからようやく始まる、それぞれのお酒が引き起こす
美味しさのデキゴト、楽しさのデキゴト、豊かさのデキゴトをお客様にお届けすること。そして、そのために必要なアブローチの方法をビギナーの方にも手間をかけずにできるだけ簡単につたえること”です。

これまでの経験値だけでアプローチされ、それが“まずい”“美味しくない”に紐づいてしまったら、一番の被害者はあなたになります。

そして被害者は、あなただけにとどまらず、そのお酒を買っていただいた酒屋も、造られた蔵元、蔵人も、そのお酒の原材料を作られた農家さんまでも悲しむことにつながっていきます。

そろそろ時代もお酒も進化しています。
あたなも≪モノ≫という銘柄だけにこだわりを持たず≪それぞれのお酒への向き合い方(アプローチ)≫を織り込んで楽しむことを考えてもいい時代だと思います。

当店のお客様の中にも、携帯のゲームを楽しんでいるお客様も多くいらっしゃいます。どうしてゲームをしているのかと尋ねると“楽しいから”といわれます。“どうやって攻略していこうか”と考えることも楽しいし、さらに攻略できた時は達成感もありひとしおですね。

ゲームには、イージーモード、ノーマルモードとハードモードがあるみたいですね。実はお酒にもイージーモード、ノーマルモードとハードモードが存在しています。

イージーモードは、ビギナーの方にも理解しよい複雑性がなくキレイなタイプでお酒だけを口にしても五味のバランスが整っていて楽しめるお酒だったり、清涼飲料水感覚でインパクトがあり美味しさを探しにいかずともお酒だけでも口にできたりするタイプが多く存在しています。
≪リスクにも気づいて!!≫
五味のバランスが整っているゆえにお酒だけを口にしても美味しいと感じます。特に
食べ合わせに注意しないと五味のバランスが崩れてしまい、そのお酒の魅力を損なうことにつながりやすいお酒のタイプともいえます。

ノーマルモードは、インパクトはイージーモードよりも穏やかで多少の複雑性を兼ね備えながらも食中酒としてのお仕事をしっかりと織り込まれていたりするタイプであったり、お茶やみそ汁、漬物のように自然に食に溶け込んでくるタイプ。
≪この美味しさを知ると、どのお酒を口にしても美味しく楽しめます。≫はずれがなくなります。

ハードモードになると、ある意味複雑性を楽しむタイプとなります。まったくゲームと同じで
“どう攻略しようか”と考える時間さえも楽しさであり、豊かさであり、そして、まだ出会ったことのない美味しさに出会うものなら、まさしくそれは、イージーモード、ノーマルモードでは出会えなかった“胃袋をつかまれる瞬間”となります。

イージーモード、ノーマルモード、ハードモードを場面や気分にあわせて使い分けをし、楽しく、豊かにつながるあなたなりのアルコールライフを・・・・。

みゆきやなら、ビギナーの方にもイージーモード、ノーマルモードとハードモードがどんなことを指すのかを簡単に体験、体感していただけます。

その体感、体験後に発する声の多くは、
・手品みたい!・おもしろい!・なにこれ!・・・・・これまでのトラウマや独り歩きしていた悪いイメージの鍵がはずれ、これまで踏み入れることのなかった新しい世界への扉が開き、感動的な言葉が生まれます。

“こんなデキゴトがあなたの生活に溶け込んで楽しめるようになったらいかがでしょうか?”
“きっとこれまでより、美味しいと出会うことが増えたり、楽しさが増したり、豊かさが増したりするはずです。”

みゆきやは、あなたがそう感じていただくために、しっかりとお手伝いさせていただきます。是非、あなたもまずは体感・体験をしてみてください。
(遠方の方もできるだけサポートさせていただきます。)

みゆきやは、なによりも“お店が評価されること”“店主さんが評価されること”がとても大切なこととして応援させていただいています。

飲食店さんにおいては、努力されリスクも受け入れ人気や入手困難なブランドやラインナップで魅力を打ち出している飲食店さんも、まだまだ多く存在しています。

お客様からみたその評価は≪お酒というモノ≫であり
“お店が評価されること”“店主さんが評価されること”がとても薄らいでしまっています。

なによりもお店として強い位置づけで崩れない評価をお客様からいただくには、
まずは“お店が評価されること”“店主さんが評価されること”そののちに人気や入手困難なブランドやラインナップで魅力をさらに打ち出していけば“鬼に金棒”なお店作りが可能となるはずです。

体に思いやりはいかが



プライベートブランドで
地域を元気に
業界を元気に、
あなたも元気に


地酒みゆきやFB
日々の感動と最新情報




商品カテゴリ

蔵から選ぶ

味わいで選ぶ

ご登録ください

店長日記

毎度おおきに!店長の的場です。
和歌山の『食』というたらミカン・梅・桃・柿・山椒・マグロ・クジラ・カツオ・・多分、皆さんにとっては『日本酒』って言って頂ける方、ほとんどいないのでは・・和歌山にも、全国に誇れる古来から伝わる自慢の地酒があります。まあ、一度お試し下さい。そして、お酒以外にも、マグロ生ハム・真鯛の生ハムや紀南の隠れた特産品もご紹介しています。

越乃寒梅~隠れ地酒まで全国の地酒・普段着で楽しめる焼酎も扱っています。
店長日記はこちら >>

休店日のご案内
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時定休日

営業時間 朝10時より夜6時まで(入店17:30まで)
定休日 毎週木曜日
(但、祭日・連休・お盆等は営業)

和歌山の特産品



みゆきや直営居酒屋

日々厨房に立つからこそ
見える、気づくことがある。


龍神丸について

和歌山地酒

全国の地酒

焼酎について

メルマガ

日本酒

その他

熊野感幸(心で巡る熊野)

ページトップへ