カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

「美味しい日本酒」を追い求める時、銘柄を追うのではなく、タイプを追うべし。

特定の銘柄を指定して紐付けをしてご案内しています。確かに間違いではありませんが、本当にそれでお客様にとって“真の実力がつくのでしょうか?”

もし全く知らない蔵元や地酒専門店や飲食店に出向いて、自分の好きな××という銘柄がなかったら何を選んでよいのか迷うはずです。

あえてお店の方に紐付けをして頂くにあたり“××という銘柄のような”と伝えるでしょう。けれど、そのお店の方がその銘柄を飲んだことがなかったら、どうしますか?話はここで一旦ストップしてしまいます。


仮に自分の好みの味わいを表現できたとしたらいかがでしょうか?

々瓩蠅高く、∧討了殘がしっかりとあり、8当りもこなれていて、
い靴辰りと酸でしめてくれ、ヅ敬慷紊砲茲合い、冷して飲めるタイプで・・・。

こうやって伝えていくと大外れはなく、結構高い点数で満足いくお酒と出会えることでしょう。

さらに知らない銘柄であったとしても“ひとつお気に入りリストの銘柄”に入れることもでき自らの引出しの数が増えることにつながります。

だから大切なのは、

自分が好きな銘柄を覚えるのではなく、好きなタイプは“どのようなタイプ”といえば伝わるのかを知ることの方が大切なことなのです。わからなかったらわかる方に聞くのが一番の近道です。

そうすれば、やっきになって銘柄を追う必要性が半減しますよ。今や、どの蔵元も多彩な味わいをラインナップしていたしますので・・・・。