カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

三芳菊



間違いなく近いうち、きっとスポットライトが浴びる蔵元になるでしょう 
まずは結論から・・・
とある展示会で出会ったお酒です。
今、全国の名立たる地酒蔵元が注目をしている
阿波山田錦の産地である日本三大河川の吉野川上流の山間に位置します。

当然、この蔵元も地元で栽培されている阿波山田錦を主体とし、技が生きる
超軟水の吉野川の伏流水を使い、徳島で開発されたフルティーな香りと柔らかな酸を醸しだす徳島酵母を主体とし、若き蔵元自らが杜氏を務め、丁重な手造りの日本酒を造りあげています。
蔵元であり杜氏は、徳島酵母特性をよく理解されて、労をおしまず丁重に仕込まれたからこその深い味わいは、中盤から後半にかけて、その徳島酵母らしい、三芳菊杜氏らしい人を感じ取って頂ける味わいを醸しています。

西日本らしい米の旨みが堪能できる酒質が多く、余韻も楽しめながらも鋭い切れ味ではなく、
穏やかでありながらも、くどさのない切れの良さを感じて頂けるものと思います。



また酒質と価格から考えると、どれをとっても
コストパフォーマンスに優れたお酒でもあり、また造る側からすれば大変面倒なこだわりの特定銘柄を多品種少量容器で販売している姿勢は蔵元が是非、一度、口にしてほしいという思いまでが伝わってきます。

それぞれの面において飲む側に大変魅力的なものを与えて頂いています。

ページトップへ