カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

五味の温度変化による味わいの変化


五味の温度変化による味わいの変化

◎甘味は、冷やすことによって見えづらくなる。
◎酸味は、温度に左右されず同じように感じる。
◎苦味は、温度が高くるほど見えづらくなる。
◎塩味は、温度が高くるほど見えづらくなる。
◎アルコール辛さは、45度付近から高くなると辛さが増す。
◎香りは、30度付近から高くなると失われてしまう

温度と味わいの強さは、上記のような傾向を示します。それらの傾向を知り、飲まれるお酒を“さらにどう飲みたいか”を決められ飲用温度を変えてみるのもひとつの方法です。

お酒それぞれに合った飲用温度で飲まれること、そのお酒の熟成に合った飲用温度が、まずは美味しさへの近道です。

<冷して飲む>という方が大変多く見かける理由のひとつに「冷すことによりアルコールの辛さが感じづらくなるから」という自らのこれまでの体験をもとにそのように飲まれている方が多いと感じています。

けれど、冷やすことによって甘み(旨み)が見えづらくなり、飲みやすいだけでは物足りないと感じる。だから旨みのしっかりと感じる原酒系を好む傾向にあります。


しかし「アルコールの辛さを感じづらく」するには、飲用温度を横のグラフのように高めてあげることで甘みを引き出しバランスを整えてあげることで対応できることもあります。

ページトップへ