その他

紀州梅の極みの注ぎ方と楽しみ方


〇よく冷やしたあまり大きくなく、グラスの縁がシャープなグラスに2-3口程度で飲まれる量の紀州梅をグラスに注いで、泡もいっしょに飲んでみてください。

グラスに注がれるときに、やや高さをもってグラスに注ぎ、泡をグラスの1/3程度まで立てて、グラスをやや斜めにし紀州梅をグラスの縁に添うように注ぎ、泡を押し上げいくように注いでください。

〇よく冷やした白ワイングラスでもお試しください。
注ぎ方については上記の注ぎ方と同じように注いで、泡もいっしょにお飲みください。

〇よく冷やした赤ワイングラスでもお試しください。
注ぎ方の違いは、上部まで注ぐことなく、泡も含めて半分程度まで注ぎお飲みください。そして、ゆらゆらとビールをまわして香りを立てて泡もいっしょにお飲みください。

※ビールを注がれるとき、グラスの大小に関係なくグラス一杯まで注いでしまう傾向性が多くみかけます。とくに紀州梅はクリーミィーな泡も美味しさのひとつであり、さらにビールといっしょに飲まれることにより、美味しさが際立つ設計となっていますので、是非、一度そのような形でお楽しみください。

熊野めぐり紀州梅の美味しい注ぎ方動画は→



体に思いやりはいかが



プライベートブランドで
地域を元気に
業界を元気に、
あなたも元気に


地酒みゆきやFB
日々の感動と最新情報




商品カテゴリ

テーマ

★産地で選ぶ

蔵から選ぶ

味わいで選ぶ

飲用温度・飲み方で選ぶ

料理との相性性で選ぶ

ご登録ください

店長日記

毎度おおきに!店長の的場です。
和歌山の『食』というたらミカン・梅・桃・柿・山椒・マグロ・クジラ・カツオ・・多分、皆さんにとっては『日本酒』って言って頂ける方、ほとんどいないのでは・・和歌山にも、全国に誇れる古来から伝わる自慢の地酒があります。まあ、一度お試し下さい。そして、お酒以外にも、マグロ生ハム・真鯛の生ハムや紀南の隠れた特産品もご紹介しています。

越乃寒梅~隠れ地酒まで全国の地酒・普段着で楽しめる焼酎も扱っています。
店長日記はこちら >>

休店日のご案内
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時定休日

営業時間 朝10時より夜6時まで(入店17:30まで)
定休日 毎週木曜日
(但、祭日・連休・お盆等は営業)

和歌山の特産品



みゆきや直営居酒屋

日々厨房に立つからこそ
見える、気づくことがある。


龍神丸について

和歌山地酒

全国の地酒

焼酎について

メルマガ

日本酒

その他

熊野感幸(心で巡る熊野)

ページトップへ