カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

2012.3.1メルマガ


“生きているお米”と“死んでしまっているお米”

“生きているお米”“死んでしまっているお米”って意識したことありますかとこだわった米作りをされている農家のお客さんに問われて、一瞬「??????」がつきました。

「それ、どういうことなんですか?」と聞くとティッシュに水を含ませて籾(もみ)をのせておくと
芽が出る米出ない米があるんだよ。「あっ、そうなんだ!」「すべての籾(もみ)発芽するものと思っていました。」・・・・ここからさらに詳しく説明をして頂きました。

本題に入る前に、こだわった米作りをされている農家のお客さんは生産効率を追わず、農薬もつかわず除草もすべて手作業、さらにわざとやせた土地で稲の持つ力を信じ、山間の棚田なのでイノシシによる被害を防ぐために田んぼに小屋まで作り泊り込みまでして荒らされないようにしたりしながら、質の高い米作りを徹底的にこだわっているいます。そのお客さんの米作りに対する情熱には、ただ脱帽ということしか浮かびません。

乾燥機で乾燥させた玄米の発芽率は大変低く天日干しした玄米は発芽率も高いと言います。
極端な言い方をすれば,栄養価・見た目は同じなのかもしれないけれど、あきらかに炊いて食べた時の味わいと食感が違うといいます。さらに化学では証明できるものではないけれど、天日干しした米には
「命の営みの源が宿っていて【気】がある」かたや乾燥機で乾燥させた米には「つぎなる命をはぐくむことができず【気】は感じられなくなってしまっている」と・・・・極端な言い方だけど「生きてる米」と「死んでしまった米」だねと話してくれました。

みなさんが日常、口にされているお米は天日自然乾燥のものですか?それとも乾燥機で乾燥させたお米ですか?ほとんどはコンバインで刈り取られ乾燥機で乾燥させたお米・・・生産効率を求めた米ですよね。

地球上にある生き物すべてが大地や自然から以前は【気】をとり入れていたといっていました。けれど
効率価格便利さを優先するがゆえに【気】をとりいれることが少なくなっているとのことでした。

さらに天日干しで【気】を感じられるお米で仕込んだお酒はないかと色々と調べました。けれど以前は天日干しだったけれど作付面積が増えてしまい今は乾燥機での乾燥だとか、水分量を15%まで落とさないと米の等級検査に該当しないため最後に水分量調整のため乾燥機での乾燥させているのかという答えもありました。
※米の等級検査に合格しないと等外米扱いとなって、純米造り・吟醸造りをしたとしてもすべて普通酒扱いとなってしまいます。

今回、確証が取れた天日干し100%というお米で醸されたお酒は、残念ながらご案内までに到りませんでしたが、農家の熱いくじけない想いと採算性の低い過酷な生産条件の中で造られた酒米とそれを余すことなく米力を引出しお酒にする蔵人の想いと技と情熱を感じて頂きけるお酒をご案内いたします。

そのこだわりの農家さんがいつも選ぶお酒です。米の味がするから好きだと言ってくれています。
◆和歌山・吉村秀雄商店 21BY隠国純米吟醸無濾過生原酒
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/100.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/101.html
※約1200年の歴史を持つ弘法大師空海により開創された高野山金剛峯寺の献上米を今もなお献上している和歌山・最高峰の天野米。その地で総健農法で栽培された山田錦100%で醸したお酒です。

劇画“美味しんぼ”の海原雄山のモデルとなった北大路魯山人(きたおおじろさんじん)の名にふさわしい、復活酒造好適米「祝」で醸した貴賓ある純米酒です。
◆京都・東山酒造 22BY特別純米原酒「魯山人(ろさんじん)」
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/rosamjin-tokujun.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/rosamjin-tokujun-72.html

日本でもトップ3に入るだろうといわれている農林大臣賞の栄冠に輝いた鳥取・田中農場の山田錦のもつ米力を感じて頂ける特別純米酒。
◆京都・東山酒造 22BY特別純米「坤滴(こんてき)」
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/200-204.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/200-204-72.html

◆京都・東山酒造 22・23BY特別純米無濾過生原酒「坤滴」

 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/konteki-nama.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/konteki-nama-72.html
※醸造年度は指定ください。指定なき場合は適熟域に入りかけの22BYをお届けします。品切次第、順次23BYとさせていただきます。

米どころ新潟・中越地震で一躍有名になり、生産性を追わず手間暇かけた棚田米産地の山古志村の米を使い醸された純米吟醸酒。是非、米の力を感じるだけではなく農家、蔵人たちの想いや情熱までも舌を通して感じて下さい。
◆新潟・お福酒造 22BY郷越後純米吟醸
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/satoechigo-1800.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/satoechigo-720.html
◆新潟・お福酒造 22BY純米吟醸「山古志」
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/yamakoshi-001.html

今年の冬も豪雪でニュースなどで話題になった新潟・津南町・・つぶれかけようとしていた蔵を何とかしようということで第三セクター的な経営に移行し、峠ひとつ越えた某八○山の技術指導のもと復活を遂げた普通酒・・・単なる普通酒じゃない、淡麗辛口ではなくちゃんと米の味がする!当店でも長きにわたり人気の普通酒です。
◆新潟・津南醸造 22BY普通酒「霧の塔」
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/kirinotou-001.html

「幻の米で酒を造りたい!」一人の蔵元の想いからはじまり、種もみの取得、生産効率の悪い稲を栽培してくれる農家探し・・・そんなところからはじまり、金賞もとり、今では全国区の酒造好適米としてトップクラスの酒蔵も造り出した酒米。
◆茨城・府中誉 22BY渡舟純米吟醸ふなしぼり生詰
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/wataribune-funa-001.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/wataribune-funa-001-72.html
◆茨城・府中誉 21・22BY渡舟純米吟醸濾過前五十五
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/299-230.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/299-230-72.html
※醸造年度は指定ください。指定なき場合は適熟域に入りかけの22BYをお届けします。品切次第、23BYとさせていただきます。
◆茨城・府中誉 22BY渡舟純米吟醸無濾過生原酒
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/299-207-72.html

「幻の米で酒を造りたい!」一人の蔵元の想いからはじまり、種もみの取得、生産効率の悪い稲を栽培してくれる農家探し・・・そんなところからはじまった米の力を感じるお酒です。農家の想いだけではなく蔵人たちの想いや情熱までも舌を通して感じて下さい。
◆山口・永山酒造 21BY特別純米「山猿」
 1800ml  http://www.umai-sakeya.com/SHOP/yamazaru-002.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/yamazaru-002-72.html
◆山口・永山酒造 22BY特別純米無濾過原酒「山猿」
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/yamazaru-001.html
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/yamazaru-001-72.html

兵庫産山田錦に次ぐといわれている阿波山田錦・・・その米力を感じて頂けるお酒です。確かに米の味だわぁ!
◆鳥取・諏訪酒造 22BY阿波山田純米酒
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/suwaizumi-020-22BY.html  
◆鳥取・諏訪酒造 20BY阿波山田純米生酒
 720ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/suwaizumi-020-72-20BY.html

滋賀の酒造好適米といえば玉栄・・・数多くの蔵元も使用している時間が経つにつれて米力を感じて頂けるお酒です。蔵元一番の人気銘柄です。
◆滋賀・池本酒造 22BY琵琶の長寿純米吟醸
 1800ml http://www.umai-sakeya.com/SHOP/biwanochoju-jungin.html

香り芳醇系のお酒も美味しいです。けれど、まったく飾りのないシンプル・イズ・ベストのすっぴん純米酒も味わってみてはいかがでしょうか。米を主食とする日本人なら、きっと何か感じ発見DNAが存在しているものと思います。


≪ないしょのいいお話≫
これはちょっとやそっとで手に入れられない代物です。
これまでに世に出荷されたことのないものではないかとも
思います。どういうものかはリンク先のサイトでご案内
しています。
≪激レア23BY超超久しぼりたて無濾過生原酒≫
http://www.umai-sakeya.com/SHOP/y0000000582/list.html
ID umaisake パスワード 231006

≪試飲してみました≫
しぼりたて高垣任世杜氏2期目の純米吟醸酒と吟醸酒
コメントは
http://www.umai-sakeya.com/hpgen/HPB/entries/119.html