カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

紀州梅仮本文登録用サイト


世界的にもビールも新たなジャンルの
流れが誕生しています!!

「酸っぱい」から、美味しさの幅を広げてくれます!!
「酸っぱい」から、新しい美味しさの世界に出会えます!!

あなたの概念が変わる
世界遺産・熊野のクラフトフルーツビア

熊野めぐり・紀州梅フルーツエール

全量紀州産梅果汁使用
(梅果汁などの副原料使用などのために酒税法上発泡酒として分類されています。)
紀州梅の香りと爽やかな甘酸っぱい酸味が特長のほんのりピンク色した和歌山らしいサワービールです。

フルーティだけど甘くなく、梅本来の酸味が和洋中の幅広い料理とも相性抜群!

こだわりの梅果汁と生きた酵母が入ったプライベートブランド専門酒類卸「熊野めぐり」シリーズで、酸味も強すぎず飲みやすい一本です。

ビールやカクテルサワー好きの方や、熊野観光・帰省のおみやげ、ギフトなどにもおすすめです。

製品スペック→


熊野めぐり紀州梅

生樽10Lが新登場!

クラフトビール業界では、
大変珍しいペット容器の10L  
業務用だけではなく、イベント、BBQ、キャンプに
(レンタルサーバーご用意できます。)




今や全国にも数知れずのフルーツビアが存在しています。
チューハイを飲む文化がないアメリカでも、人気を集めているのがサワ―ビールやフルーツエール。

これまでの「ビールは苦いもの」というイメージが強かったビールの形(在り方)が、酸味も加わったビールにも移行してきています。

日本においても、飲みやすいサワ―ビール、フルーツエールは、多様化する食文化やグルメの現代において、大変注目が高まっています。『サワ―ビール、フルーツエールビール』のブームが起こるのもそう遠くないかもしれません。

また、ビールほど苦味がなく、芳醇な味わいを楽しめるので、ビールがあまり好きではないという方もハマる可能性が高いようです。




日本の和食というものの中に『酸味』は必要不可欠ということは理解されていたにもかかわらず、豊食の時代にうつり注目を浴びた味わいの中心は『甘味』『旨味』でした。

しかしながら『甘味』『旨味』の存在が大きい中でも、高い食文化をとり入れ『より豊かな食生活』をおくるために、とり入れられようとしている時代に移り変わったことで、これまで『甘味』『旨味』を縁の下で支えてきた『酸味』『苦味』『渋味』にも注目が集まりだした。

そのとき、やはり世界の多彩な味わいの料理との調和を考えたとき、『酸味』が一番対応力の高さを示したゆえに『酸味』は高い評価を得る味覚として世界的にも認められてきているのです。

さぁ!出遅れることなくあなたの食生活の中にも、しっかりと『酸っぱい』をとり入れていきましょう!!
酸っぱいのすばらしさを詳しく知ってみよう!→


○紀州産梅果汁を100%使用(うち、紀州産南高梅果汁90%)
 JAS格付の安心で高品質な高級果汁を使用
 ⇒こだわりの紀州梅・南高梅と高い果汁処理技術により、
   紀州梅本来の味と爽やかさを味わっていただけるビールです。

○果汁入りにもかかわらず、賞味期限5ヶ月の安定品質
 ⇒果汁入りにもかかわらず、沈殿やにごりをおさえ、品質安定期間が5ヶ月。

○酵母が生きている
 ⇒要冷蔵ですが、その分、体が喜ぶ「生きた酵母」が入っています。
  ミクロフィルター等でほとんどの酵母を除去してしまう大手ビールとは違い、
  余分な酵母以外をできる限り取り除かず、体が喜ぶ酵母たっぷりのヘルシーな
  ビールです。

○梅果汁には、クエン酸が含まれています
 ⇒「昔から夏に梅酒を飲むとよい」などといわれています。梅にはクエン酸が
   含まれていて疲労回復に役立つといわれています。

さらに詳しいこだわりはこちら→


地元食材を使用した紀州・和歌山らしい、熊野らしいクラフトビールができないかと考え、たどりついたのが日本一の紀州梅のビールでした。

その想いを胸に、ひたすら梅果汁を探す旅に。
しかし、糖で抽出した「梅シロップ」は見つかるければ、なかなか「梅果汁のみ」になると見つかりませんでしたそれもそのはず。柑橘のように水分量が多いと果汁もたくさんとれますが、梅の果肉から果汁を絞ったとしてもほんのわずか。
1Lのストレート果汁を搾るためには大量の梅が必要になります。コスト面においてもなかなか市場に出回らないのも納得です。探し続け、ついに、紀州産梅100%、そのうち南高梅90%と贅沢な梅果汁に出会うことができました。

そして、熊野らしいビールをつくりたいと片田舎の小さな酒屋の想いを形にしてくれたのが、京都の(株)黄桜さんです。

高い技術力と優秀な博士号をもつ研究者・技術者の方たちの試行錯誤の上、ついに高品質な紀州梅ビールが誕生しました!


さらに詳しい開発ストーリーはこちら→


和洋中の幅広いお料理と相性抜群です!

例えば、
・お造り、白身魚のカルパッチョ、海鮮サラダなどの
 生魚のお料理
・小エビの天ぷらや魚介の串カツ、煮つけ、フライ。
・鶏のからあげや焼き肉
・餃子や飲茶などの中華料理
・生春巻きや野菜サラダ


色んな料理とも
試してみました


ワイングラスで飲むことで、クリーミーな泡と南高梅の香りをよりお楽しみいただけます。

○グラス
・瓶ビールを飲むときに使用する小さなグラスのように、2~3口程度で飲みほしてしまう量のグラスで、都度注ぎながらお楽しみください。

○おすすめのグラス
・ワイングラスやピルスナーグラスで飲むと、より紀州梅の香りが楽しめます。

○美味しい注ぎ方
①まず、グラスはよく冷やします。
②ある程度の高さから、泡が立つように、グラス半分程度まで注ぎます。
③グラスを斜めにし、縁に沿ってビールを注ぎます。泡をおしあげてゆくようにゆっくり丁寧にするのがポイント。
④グラスを回し香りを立てます。
⑤梅の香りを楽しみながら、お召し上がりください。


美味しいビールの注ぎ方、動画は→



ビールやカクテルサワー好きの方や、熊野観光・帰省のおみやげ、ギフトなどにもおすすめです。

○和歌山や熊野観光や帰省のお土産

○お歳暮・お中元

○ビールやカクテルサワー好きの方への贈り物

○梅酒、梅が好きの方への贈り物

○和歌山食材を使った飲食店やホテルでのご当地メニューとして


<箱入りでギフトもございます!>

その他

ページトップへ