カートをみる 会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ようこそ、地酒みゆきやへ


ようこそ、地酒みゆきやへ


ご来店頂きありがとうございます。みゆきや店長的場といいます。よろしくお願いいたします。

はじめてのお客様のために、どんな風にご利用頂ければご満足をお届けできるかを大まかにご案内したいと思います。


《みゆきやは、こんなお店です》

お探しの商品だけをお買いあげ頂くだけではなく、日本酒、焼酎、梅酒の“楽しみ方”も一緒にお届けしたいと思っているお店です。お客さんの満足とひと言でいっても多彩な形で存在していると考えています。

一度は飲んでみたい噂のお酒もそうだと思います。
けれど、当店は何よりもラベルや響きだけにとらわれず“おいしさ”にこだわりの根幹を求めています。そして、そのお酒が持っている
“おいしさのポテンシャル”を引き出す飲み方楽しむポイントご提案と共にお届けいたします。

店頭においては、チャンスがある方には、試飲を交えてできる限りお買上げ頂くお酒の試飲だけではなく、そのお酒のポテンシャルを引き出す飲み方の工夫も一緒に持ち帰って頂いたり、発送られるお客様には、ゴミになるといわれるかもしれないけれど、お買いあげ頂いたお酒を美味しく飲んで頂けるようにパンフレットをお入れしてお届けしております。

特にはじめてのお客様にとって、当店の取り扱っている銘柄の中で
“何を選んだらいいのか”迷われると思います。そんな時は、一度、当店からのご提案も参考にして見て頂ければと思います。(せっかくお買い上げ頂くのに失敗したくないと思っている方は必須!)
                       

また当店は、お客様の嗜好に合うお酒をお探しすのはもちろんのこと、それ以上に、少しお付き合いをさせて頂く中で
“これから好きになってほしいお酒” “これから好きになっていくであろうお酒”のご提案もさせて頂ければと思います。

≪当店のロゴへのおもい≫
和歌山を中心とした選りすぐりの全国の地酒をお届けするお店でもあり、当店とご縁を頂いたお客様が今!美味しいと感じて頂ける時の酒をお届けするお店でもあり、さらにお客様がこれから好きになっていく・・・これから好きになってほしい次酒をお届けするお店でもありたいという想いをロゴにしております。


その理由は、全国には多彩な味覚を有するアルコール飲料が、人生をかけても口にできないくらい存在しています。銘柄だけでも、すごい数になるだけではなく、ひとつの銘柄だけでも新酒だの、熟成だの・・・といっていたら、切りがないほどの数になってしまいます。(焼酎蔵600蔵程度、日本酒蔵1500蔵程度、銘柄数4000から5000銘柄)

そして、
お酒の嗜好も年齢やそのアルコール飲料に関わってからの時間の長さ、主に飲まれているアルコール飲料などによっても、どうしても移り変わりが生じてきます。そんな時、是非とも当店のご提案も一度参考にして頂ければと思います。実際にお客様自身でお考え頂いたとしても、中々わかりずらく、今までと違う好きなタイプのお酒に出会うまでには時間もかかると思います。

当店では、これまで店頭試飲を数多く行ってきました。

その中で沢山のご意見や感想やお客様の食生活やアルコールライフのお話をお酒を口にしながら目の前でさせて頂きました。その数知れないお客様の生の声にある一定の傾向があることが見えて参りました。そんなノウハウを活かして、お客様の現在の嗜好をまず知り、そして、お客様が
“現在、満足して頂けるお酒”をご提案させて頂きながら、当店とお客様のパイプが少し太くなった頃に、“今とは少しちがうあまり背伸びしないでご理解頂ける範疇のお酒”をご提案させて頂いています。
                      
ご提案させて頂いたこれまでにあまり飲まれてこなかったタイプのお酒に慣れ親しんでこられたら、さらに
“また、ちがったおいしさを有し、あまり背伸びしないでご理解頂ける範疇のお酒”をご提案させて頂いています。こんな風に続けていると結構、味覚の幅が広くなっていき“これはこれで美味しい!”という味覚の幅の広さを持てるようになってきたります。

そして、たまには原点に戻り、最初の頃に好きだといっていたお酒を楽しんでみると以外にも、最初の頃とはちがう
“新しい発見”をして頂いたりしています。

最初の頃は、“自分にあったお酒探し”をされていましたが、そのようなことを繰り返す中で
“日本酒に限らず、焼酎やワイン・・・・多彩なお酒も、美味しさを見つけだすことでき、どう楽しめばいいのかも思い浮かぶようになり、自分をお酒に合わしていけるようになり、どれを飲まれてもはずれの無いアルコールライフ”をされています。

それこそ、“あー酒屋やってて良かったなぁ〜”日々、色々と大変だけど“お客様の美味しい幸せそうな笑顔を見ている”と酒屋冥利に尽きるところでしょうか。

みゆきやは、こんな酒屋です。まずは、一度お付き合い下さい。お待ちしています。


せっかくお買い上げいただいたお酒を≪美味しく≫≪楽しく≫≪奥深く≫味わっていただくためのご説明もさせていただいています。きっと、お役に立てるものと思います。

◆普段、どれだけ意識をして飲まれていますか。手元にあるお酒が今よりもっと美味しかったとしたら、すごくもったいないと感じませんか。


【メンタル編】
日本酒に興味がないのではなく、美味しい日本酒に出会っていないだけだと思う。ここ最近、日本酒がおいしいと感じてきたけれど・・・・・・?日本酒って、どんな順をおって楽しんでいけばいいんだろう?
日本酒選びってむずかしすぎる。お酒選びの切り口日本酒のラベルを正しく理解しよう その1
大人になって美味しさが分かるようになった味覚

【飲み方編】
それぞれにある個性のいかし方や楽しみ方グラスに注いでそのまま飲まれていませんか1本のお酒があったとき何種類の飲み方をしていますか。
すべてのお酒、冷やして美味しいように造られていませんよ。温めて飲む魅力をご存知ですか?燗酒の美味しさ体験してください。温度変化による味わいの変化
食中酒という言葉の理解にいまいち理解に苦しむ。美味しさがずれたら、どうしてますかどうして日本酒は料理を美味しくするのか
燗酒で節約&燗酒の魅力

【楽しみ方編】
日本酒のある食卓。夏に飲む酒燗酒にはまった女性
辛口の勘違い原酒系の楽しみ方新酒の楽しみ方。

【品質編】
製造日付と品質劣化お酒の熟成

老いた日本酒
◎すっぴん美人。醸造アルコール添加というお酒

【季節編】
新酒はどうして舌にピリピリと刺すのか秋あがり敬老の日に。

≪おことわり≫
◆上記に関わるリンクの事柄は、当店の多くの試飲結果や自らの経験、諸先輩の方々からの教えからお伝えしていることです。他の参考資料との相違があっても当方への苦情等は一切お受けいたしません。
◆今日まで店頭においでのお客様や通販のお客様にお届けしていた当店なりの情報です。低迷する経済状況の中、想いをひとつになって、より多くの方と盛り上げていくことが大切な時期と判断いたしました。
同業者様、飲食店様、一般のお客様で上記に関わる事柄をアルコール業界の活性、美味しく楽しく、奥深く飲まれるためのツールとしてお使い頂くことについて結構ですが、必ずご連絡を頂きアルコール業界の活性、美味しく、楽しく、奥深く飲まれるための情報の共有化をお願いできればと思います。

ページトップへ